事例紹介

事例3

短期間で営業関連業務をシステム化、お客様の業務効率を大幅改善。

各所に散在する情報をデータベースで一元管理

まず、お客様の営業関連業務において大きく3つの課題がありました。①資料作成がお客様の手作業で行われており、属人化されている。②資料が各所に散在しており、一元管理できていない。③必要な情報を閲覧するのに多大な手間と時間を費やしている。お客様としては、これらの課題を解決するために、システム化することで資料を自動作成し、データベースによる一元管理を実現したいという強い要望をお持ちでした。しかし、同時に今回のプロジェクトの大きな問題として、開発期間がわずか3ヶ月間ということがありました。私たちはお客様の発想や要望を的確に捉え、短期間でシステムを完成させることが求められたのです。




短期間での開発に向け、パートナーとの協業体制を強化

そこで、短期間での開発にあたって信頼のおけるアライアンスパートナー企業との協業体制を構築し、チームの強化を図りました。こうした体制の中、私たちはプロジェクトマネージャーの立場に立ち、アライアンスパートナーの開発チームと弊社スタッフの両者を管理するポジションで業務を遂行。お客様にも基本設計までをご担当いただき、詳細設計からプロジェクトをスタートしました。

プロジェクトを進めるにあたっては、大きく2つのポイントがありました。1つ目は、アライアンスパートナーの開発者の皆さんに弊社と同じマインドを持ってご協力いただくこと。2つ目は、短期間スケジュール内で、お客様からいただいた追加要望を可能な限り実現するということ。しかし、プロジェクト開始早々、お客様からご提供いただいた基本設計書が、アライアンスパートナーが想定していた粒度と違うという認識のズレが発生。また、お客様からは何度も仕様変更を迫られ、その都度アライアンスパートナーとの調整をしなければなりませんでした。お客様からの追加要望に極力応えたいという弊社の「想い」や「熱意」を繰り返しアライアンスパートナーへお伝えし、ご理解いただきご協力いただくまでのプロセスは大変苦労しました。その分、お客様からの追加要望実現と納期厳守の両者を達成できた瞬間は、言葉に変えられない喜びを感じる事ができました。

フレキシブルな対応で一体感のある開発体制を実現

お客様からの要望に対しては、毎日のようにお客様先に足を運んで密にコミュニケーションを取りながら「最適な実現案」を真剣に考えました。お客様の発想や要望をより的確に実現するために、休日返上で対応することもありました。その結果、「親身になって聞く姿勢や熱意」はお客様にも伝わったようで、弊社への信頼を獲得することができ、お客様と良好かつ強固な協力体制を構築することができました。アライアンスパートナーの開発者全員から多くのご協力をいただき、一体感のある開発体制を実現できたのも、弊社社名にもある柔軟(flexible)な対応ができたからこそだと自負しています。お客様からは「大きなトラブルもなく、順調に導入できた」「各所での資料の共有ができ、業務の大幅な効率化が実現。顧客の信頼性獲得に大きく貢献している」と、大変有り難いお言葉をいただくことができました。

多彩な分野において対応できるよう技術面のさらなる強化に着手

今回のプロジェクトで学んだノウハウを活かし、企業価値向上に貢献する総合的な提案・サポートを他案件でも展開していきたいと考えています。そのためには、これまで以上に不足している分野の強化や技術面の強化を行ない、広範囲において対応できる知識を身につけていく必要があります。いい意味で期待を裏切り続けられるような企業を目指して参ります。

BACK to TOP